2/03/2018

Super Blue Blood Moon 2018


部分食の始め


皆既食の始め


食の最大前


食の最大


皆既食の終わり


1月31日の月です。

今回の皆既月食は29.5日周期で起る満月の誤差で生じる月に2回の満月が観られるブルームーン。

それと地球と月との平均距離37万キロより下回るスーパームーン(スーパームーンの定義ははっきりとしたものはないそうです)。

この2つの月に関する天体現象が重なった珍しい『スーパーブルーブラッドムーン』でした。

当日は雲行きが怪しくどうなるか心配でしたが、まあ何とか月を拝めることができたのでよかったです。

撮影に関しては、前回の撮影よりは画素数がいいことと、少し撮影になれたので、まあまあというところでしょうか。

ただ、撮影場所である家の庭は月の角度的に少し微妙なところと、庭の外灯のせいで撮影に影響ででていたかもと少し思うので、その辺は残念なところです。

本当は、撮影のためにもっと条件の良いところに行ってみたいものですが……。

また、防寒対策も今回はしっかり考えていたので、まあ少しは快適に外で過ごせたかなと思います。(足先のホッカイロを忘れて、痛い思いをしましたが)

今年はまだ皆既月食がありますが、時間帯とか場所的に今回が一番条件がよさそうなので、観れたのはよかったと思いますが、よくよく写真を見てみるとなんだかぼやけているような。

きっとうっすらと、雲がかかっていたのでしょう。

少し残念です。

1/29/2018

月齢11.0と月齢12.0




月齢11.0


月齢12.0

昨日と今日の月です。

段々、コツが分かってきました。

明後日は天気が微妙そう。

1/28/2018

月齢10.0




皆既月食まで残すところ一週間を切りました。

これまでずっと撮影に使っていたカメラはPanasonicのDMC-FZ5というカメラでして、結構昔のカメラだったのですが、画素数が少ないわりに、月まで撮影できる点でずっと愛用してきました(中古で買ったんですけどね)。

ただ月を多く撮影してきて、画素数が少ない分画像が荒いのがちょっと気がかりだったのと、月だけでなく、天の川とか他の天体を取りたいと欲がでて、2年前あたりにミラーレスカメラ(CANON EOS M2)を買ってあったのですが、これまた、使い勝手があまりに違かったのと、ズームレンズも買わないと月の撮影は今まで通りにできないのとあって、放置ぎみでした。

皆既月食は私にとっては大イベントなので、やっぱり前回よりうまく撮りたいと思い、漸く引っ張り出して使う気に。

久々にズームレンズの価格を見たら、だいぶ値下がりしていたのもあって、今回は即買いしてしまったのもあるのですが。

いかがでしょうか。

なんとなく、これまでよりクリアに撮れてるかな……。

ここ最近の劇的寒さから、外で撮影は結構きついのですが、もうちょっと練習しないとと思ってます。

本番は刻刻と変わる月を撮影しなければいけませんからね。

あとは当日晴れるのを祈るのみです。